愛する垂穂の兄弟姉妹へ

【新型コロナウィルス】に対する垂穂キリスト教会の対応について、しもべ会と祈りつつ相談し、以下のように決定しました。
政府が発表した自粛の要請や、ここ2週間ほどが感染拡大防止に重要な時期、各機関、各教会の対応を考慮しつつ、最終的には御言葉の上に確信を持って一致して進めたらと願っています。

大きな地震があり、方々に飢饉や疫病が起こり、恐ろしい光景や天からの大きなしるしが現れます。
ルカの福音書 21章11節

ある人たちの習慣に倣って自分たちの集まりをやめたりせず、むしろ励まし合いましょう。その日が近づいていることが分かっているのですから、ますます励もうではありませんか。
ヘブル人への手紙 10章25節

安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか。命を救うことか、殺すことか。
マルコの福音書3章4節

人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられているからです。
ローマ人への手紙 13章1節

また、私たちが命じたように、落ち着いた生活をし、自分の仕事に励み、自分の手で働くことを名誉としなさい。
テサロニケ人への手紙 第一 4章11節

① 3月日曜礼拝と土曜祈り会は通常どおり行います。

しかし、高齢の兄弟姉妹、体力に自信がない方や心配がある方、体調がすぐれない方は、礼拝をお休みください。インターネット配信に加われる方はどうぞ用いてください。出席される方は、手洗いとタオル持参のお願い、玄関での消毒をしていただき、出席簿はウェルカム担当が記入、また挨拶タイムや聖餐式は行わず、愛餐のオープンサンド、ティータイムも中止とします。礼拝後残る必要のある方は、各自ご用意ください。インターネット礼拝に参加できない兄弟姉妹は、すこし賛美し、御言葉を読み、黙想しつつ祈るなど、どうぞ個人で礼拝を捧げてください。特別な祝福があると思います!

② 3月の平日集会、各集会はお休みとします。

東京オープンハイナイト、金曜日の平日集会、ビジネスマンバイブルスタティ、夕べの会をお休みとします。

③ 病に打ち勝つ信仰をもってとりなしましょう!

ウイルスよりさらに早く拡大するのが人の心をとらえる「恐怖心」です。

この恐怖心は自己中心へと駆り立て、人々の間に争いを生んでいきます。人々の間の愛が冷えるということで、ウイルスよりも大きな問題です。

色々な情報が毎日流れてきます。その真偽を見極めることも大切ですが、私たちに信仰や確信、主からの平安を与える情報は多くありません。

むしろ、永遠に変わることのない御言葉を握り、信じる者に与えられる恵の約束を信じて、日本のために癒しと守りをとりなし祈りたいと思います。

信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいことばで語り、その手で蛇をつかみ、たとえ毒を飲んでも決して害を受けず、病人に手を置けば癒やされます。
マルコの福音書 16章17~18節

④ 互いに連絡を取り合い、励まし合いましょう!

信仰があれば、集まっても大丈夫という信仰も聖書に根差すことができますが、すべての人がその信仰を持っているわけでもありません。ですから、特に肉体に弱さを覚える兄弟姉妹が守られることへの配慮として礼拝の制限や集会の中止は、教会が互いに愛し合うために大切なことと思います。しかし、私たちは交わりを必要としていますので、互いに電話などの関わりをぜひもってください。特に一人で暮らしておられる兄弟姉妹のことは、祈りに覚えつつ関わりあいましょう。

⑤ 教会にマスクの余分があります。

災害用マスクの備蓄ありますので、もし切らしてしまったり、入手できないでいる兄弟姉妹がいましたら、どうぞ連絡してください。お分けすることができます。

皆様の上にイエスキリストの平安がありますように!

しもべ会一同