垂穂キリスト教会・下諏訪キリスト教会 クリスチャン青少年成長キャンプレポート <3>

::: 強くなろう! :::

2007年3月30日-4月2日 下諏訪キリスト教会教会にて

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

B o y s

「うおお!」テーマを聞いたとき、思った。「強くなろう!」というテーマだった。
「おれって強いのかな?」そんな疑問があった。強いっていうのは“霊的に強い”“肉体的に強い”この2つがあるのは知ってたけど、“霊的に強い”って、どんなのだろ。
信仰が強いのか、誘惑に強いのか・・・。
メッセージもよかった。ちょっと長かったけど。
このミニホレブで「強くなれるかな?」 参加直前に思った。
サッカーも楽しかった。おれは活躍したらしい。負けた。
今回も楽しかった。イェーイ!

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

今回もペアになれてすごくよかったんですが、僕たちのペアはあんまり分かち合わなかったなぁーって思いました。一日目は祈って終わり、二日目はドラエモンの話題でもりあがって車の中で祈って終わりと言う感じでした。でも分かち合ってお互いに友情を深め合ったと思います。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

うーん、何て言うか、よかったです。新しい友達もできたし、みんなにも会えたしよかったです。伝道も出来たし、サッカーも出来て楽しかったし。賛美もメッセージも、二人ペアのもみーんなよかったです。うーん、なんか今までになかったはじめての感覚? 何て言うかよくわからないけど、何かを感じた感じ? よくわかりません。なんか、勝手に涙が出ちゃう感じ?が、ありました。うまくイエマセン!が良かったです!

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

全体的に落ち着いていて、自分にとっては丁度良い規模だった。
主日礼拝のアラン氏の証しが力強くて、ここまで神様に情熱をかけられるか、凄く考えさせられて、自分がいかに中途半端なクリスチャンであるかを自覚させられた。
腕時計を無くして泣きたかった。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

感想が書けないくらいよかったぞ。

これだけでは物足りないのでもうちょっと書きます。
神様ってすばらしい。神様は偉大だ。ミニホレブ中、ずっとそんなことを考えていました。神様以外に大切なものなにもない。重ねて書きますが、神様以外にないです。神様以外にありますか? ないですね。イエス様大好き。イエス様と結婚するので、将来結婚か独身かなんてどうでもよくなりました。
ちなみに僕は男です。
ペアでは、多くの時間を使ってすばらしい時を持てたし、その交わりをこれからも持ち続けるつつもりです。
最後に。ミニホレブ中、最初から最後まで賛美がすばらしすぎて、もーそれだけでお腹一杯になってことを申し添えておきます。まだミニホレに来たことのない諸君、ミニホレの賛美はいいぞ。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

みんなに会えて嬉しかった反面、別れが近づくとものすごぉ~くさびしくなる自分を見て、自分は神様だけで満ち足りているべきなんだ、と気付かされ、もっと神様を前提として生きなきゃいけない、ということを思いました。
今の僕の霊性からすると少し難しいことかも知れないけど、それでも今回のミニホレが天気になればいいかな。
最終日に人ががらっと減ったと同時にすごく虚しいというかさびしくなったんですね。自分は人との交わりを神様を通さず、間違った形で求めていたのかな、と。
この文を書き終えたら日常の生活に戻るわけだけど、その中ではもっと神様を中心にして、神様との関係を前提として人と交わらなきゃいけないなと思いました。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

「強くなろう」というテーマは、最初聞いたときはなんだこんなことを学ぶのかと不思議に思った。でも、それがメッセージではっきりした。今までも少しはわかっていたけれど、やっぱり、はっきりわかるというのは気持ちいいものですなぁ。
日曜礼拝のアランの証しがよかった。感動した。自分がはずかしくなるような証しだった。
僕はまだまだ中途半端だ。今回はそれをひしひしと感じた。聖書の中の人にも今生きている人にも倣える人がいるのは、すごい恵みだ。
あと、ペアペアペアー。実に素晴らしい時間だった。でも、どんなふうに素晴らしかったかは、説明できませーん。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

初めてミニホレブに参加して、学ばされることが沢山ありました。特に印象に残っているのは祈りの時とペアの時間です。
私は皆が真剣に祈っている姿を見て驚きました。今まで自分はそんなに熱心に祈ったことがありません。また、教会の友達とも本気で熱心に祈りあったことがありませんでした。だから、今回の体験は本当に驚かされました。リーダーが、1人1人の頭に手を置いて祈ってくれるのも、すごく「良いなぁ」と思いました。
ペアの時間は、2人になって話すことで、本当に心の内に秘めているものを、話すことが出来ました。2人で本気に自分を打ち開けてお互いを受け入れて、神様と僕たちとの関係を話し合う時は恵みの時でした。
北海道のキャンプでも、こんなキャンプが出来たらいいなぁ、と思いました。
皆が熱心に祈り合うことが出来るように、お互いに本気で話し合うことが出来るように、祈っていきたいと思います。
そして自分自身が神様に変えられていきたいと思います。そして、北海道の皆で変えられていきたいです。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

G i r l s

「強」っていうテーマで、メッセージを聞いたりするのがすごくつらかった。私は神さまより人が1番で、自分がクリスチャンって言うのもすごくつらかった。だから言ってなかったけど、友だちとかが地獄で苦しむ姿とか思うと、自分がものすごく恥に感じて、あたくすってよわーーいと実感いたしました。
3泊4日はあっという間で、吸収しきれたかなーって感じ。でもペアでの交わりの時はすごくよくて、相手のはなしもきけて「あー、ほんとはこんなふーに思ってるんだ」って思いあった。手を置いて祈ってもらってすごくよかった。
今度のミニホレブでは「証特集」がほしい! 「祈りのテーマ」もほしい! すべては祈りから始まるのに、私は祈れないのです――TT
というワケでした♪♪

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

今回のミニホレブは今までの中で一番良かった。
「強くなる」ということは最初イメージしていたのとだいぶちがった。どう違ったとかはあんまり分からないけど、とにかく良いイメージになった。
ペアの交わりがとても良かった!!!!!
初めてだからくじをひく時はちょっとこわかったんだけど、ペアの相手が知っている人だったので「ホッ」とした。
女の子たちはみんなバレエやってたんだけど、わたしは人前でとかみんなのいる所でおどったりするのが苦手で、その輪の中に入れなくて少し寂しかったです。今度のミニホレブの時は、ダンスしない人達で何かしませんか?
○○番長のことだけど、みんなに、「ねるよー!」とかっていう番長が欲しいです。その番長のすることは「もう○時だからおしゃべりはやめてねるよー!」とか、「布団ひくよー!」とか言うんです。なるべく自分がやりたいです!
実は今回のミニホレブに来るのは少し迷っていました。ちょっとした事情もあったんですが、そのことで心配していました。でも行く日の朝のみことばで、こんなのがあって「心配するな、わたしが心配する」というような(だいぶちがう?)みことばがあって、あと、その前の前の日に食べたミコトバクッキー「強くあれ、雄々しくあれ」と書いてありました! なので心配なこともあったけどミニホレブに来ることができました。
すごく感謝しています。
これからも毎回来たいです。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

このミニホレブで神さまに正直に思いを話すことができてよかったなぁ。声を出して会話するように、神さまとも、もっと毎日、声を出して会話したいなぁ。
このミニホレブ中、ずっとあたまの中でまわっていた、私の大スキな歌の歌詞をのさせていただきます。今回もありがとうございました。
みんな、主と共にがんばれ!! 強く!おおしく!あれ!

「そのままで」

そのままでいい
どれくらい信じてるかな
そんなこと言うけれど、これしなかったらダメなんでしょう?
ああならないと、いけないんでしょ
なんの役にも立たなくなったら見はなすんでしょ?
だってこのままの私が愛されてるはずがない。
だからムチ打って働いてるよ。つかれてるのにあなたのためだから
愛してくれるんでしょ?

でも神さまの愛はそんなんじゃない。
その荷もつをキミがひとりで背おってるから
キミをスキなんじゃない。
つらいときも涙みせずに笑ってるから
キミをスキなんじゃない。
明るいから、強いから、笑ってる、正しいから
そんなことで、そんなことで
キミのことをスキなんじゃない。
ただキミのそんざいが
いとおしくて、うれしい。
ただキミの命が
何よりも大切で、いつもそばにいたい。
そのままのキミがスキだよ。
たとえなにも、できなくても。

ありのままで従っておいで、
必要な力は全部与えるから
そのままのキミに、私が働いて
私のわざを行なうから、私の栄光をあらわすから

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

う~ん、何を書けばいいんだか。
自分はまだ世の中に出ていなくて、イエス様を知らない人だらけの中で生きていくのはすごくこわいけど、神様の子供として強く雄々しく生きていきたいなと思いました。日曜日アランくんが言っていたように、私は世の光だから、神様の光をおもいっきり周りにまきちらしていきたいです。あ、もちりん世に出た時だけじゃなくて、今もまた自分をふつふつと煮詰めていきたいだす。いらないものを蒸発させて、こゆーくこゆーくなりたいと思いました。。。
な、なんかあまり文章がまとまっていませんが、今の私の気持ちがまとまっていないので、文章をまとめるなんてことはできないのです。
次のミニホも楽しみにしてますよ。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

今回のミニホレブのテーマは「強くなろう」だった。そのテーマに基づいて学んだ2日間について感想を書こうと思う。
ミニホレブ初日、長野にて初めてテーマを聞いた私は、正直のところあまりピンとこなかった。しかし、土曜の朝基君の話を聞き、いろいろな強さがあるという事を知った。肉体的な強さ、人格的な強さ。私には人格的な強さが必要だという事に気づいた。
実は近頃、私は日曜のメッセージや分かち合いから自分の弱さ“軽い口、”そして“聖書が毎日読めない”という事を示されていた。やはり生活に切り込むミニホレブである。そんな私の弱さと、今回のテーマ「強くなろう」がどう関係しているかというと、こうである。

・自分を保つ人は強い

まず、“軽い口”についてだが、やはり口を慎むことは自分を保つことであると思う。簡単にできる事ではない。だからこそ強くなる必要がある!実際のところ今までも挑戦した事はあるが、弱い者であり、長続きできず、なあなあになっていた。なのでこのチャンスを機に、キリストにあって強くなり、口を慎むことのできる女になりたいと思った。
そして、第二の問題“聖書が毎日読めない”である。クリスチャンホームで生まれ育ち、17年を生き終えようとしている私だが、なかなか毎日きっかり聖書を読むことができないのである。これは大変な問題である。そして、それは自分をきちんと管理できないという私の弱さである。この事に改めて気づく事ができ、ちゃんと読めるようになりたいと願う事ができている今を感謝している。毎日ちゃんと眠り、朝ちゃんと起き、聖書を読む。まずはそれだけでもちゃんとできるようになりたい。文字に書くだけでは簡単だが、実行するには様々な誘惑が伴う。夜中にドラマのDVDが観たい、夜中に小説の続きが読みたい…
そんな誘惑に立ち向かいつつ、乗り越える時、少しずつ強くなれるのではないだろうか。
まだまだ書きたいことはあるが時間もないので終わりにしようと思う。日々祈り、聖書を読み、神様とともに強く行きたいと思えたミニホレブだった。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

すごく強くなりたい!

自分の弱さが改めて見えたから、もうとてもじゃないけど強くなんてなれないって思った。でも「どんな弱いひとでも強くなれる」っていうの、うれしかった。だからわたしも強くなれるんだ!と。
わたしは強い人っていうのは、人に左右されない人だともおもう。人を愛したいけど、人の行動によって好きになったり嫌いになったりするんじゃなくて、ずっと愛し続けたい。そうしていくと、あまりその人に好かれなかったりとか、するかもだけど、でも誠実に生きていく人になりたい。真実に生きていくっていうか、そうすると、みんなに理解してもらえなかったりもするかもしれないけど、それでもそういうときに人に左右されないで、ほんとに真実に生きる人になりたい!!
今はものすっっっごく人によって生きちゃってるけど、そこから出たいなーと思う。それで、めちゃ②自分中心で生きていて、人が傷付いてもそのままいてっていう状態だけど、神さまのためにほんっとにいく人になりたい。神さまだけを愛していく人になりたい。
ペアがよかった!! 神さまがいてくれて、導いてくれてたんだと思える。神さまにできないことはないんだと思ったことがあった。神さまの力っていうのを体験できてうれしかった。神さまが偉大だってこと、もっとわかりたい、体験したい!と思う。
神さまに不可能はないこと、本当に分かっていきたい。神さまを求めることを心からしたいと思う。心の底から願うっていうことが、できてないから。祈ることばも、神さまにきいていきたい。いろんなことよりも、神さまを求めることを求めたい。それで、こたえてもらいたい。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

とにかく楽しかった!!たのしいっていうのはほんとにうれしいことですよね。何が楽しかったって、別に特別なにが、っていうわけではないんです。ただ『ああ,みんな家族なんだな』っていう、安心した空間。そこにいるだけで、嬉しかった。
今回の特徴は、分級がなかったっていうことでした。正直、はじめそのことを聞いて、すんっごっく、がっかりしました。それと同時に、とっても不安でした。誰かと二人っきりで話す、というのは私が最も苦手とすることだから。『やだやだやだやだ。絶対沈黙して終わる!』って思ってた。でも『くじ引きっていうのは、ほんとに聖書的な決め方なんだよ』って聞いて『ああそうか。もし沈黙で終わったとしても、神様が決めた相手ならいいかな」っておもえました。ちょっとはね。
でも結果は、ほんっとに恵みに満ちた時間をいただいた!って、とても思います。神様しかあたえることのできない、すばらしいときでした。
兄弟姉妹って嬉しいね。血はつながってないのに、家族なんだよ。不思議だね。ちょっと前までは、そんなことまったくといっていいほど、悲しいけど思わなかったんだよ。でも最近、そのことをとても感じます。みんなで賛美できたのも、とても楽しかった!
まとまりのない感想だけど、とにかく感謝感謝のときでした。ありがとう、かみさま!!私はあなたに従いたいって思ってるので、その力をください。強くしてください。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

『強くなろう!』

自分には難しい事だとずっと思っていました。“私には出来ない”の不安や怖いと思う気持ちが大きくなると、逃げる事ばかり考えてしまうことが多かったように思います。
でもその弱さも全て神様の前に出して、ただ誠実にあろうとする事、本当に信頼し従う事でどんなに大きな力と喜びを与えられるか。
今回のミニホレブで本当に学び体験する事が出来ました。

ハレルヤ。主よ感謝します。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

いままで私はいつもノンクリの“世の人”の目を気にしていました。
例えば、垂穂の夏キャンプでプールに行った時、おやつの前にみんなでお祈りするじゃないですか。あれ、すっごくイヤでした。まわりの視線がものすごい気になって、ものすごいソワソワしていた覚えがあります。最近でも同じです。ついこの前も家族でレストランに行って、みんなで祈っている時、店員さんが料理を運んできたので、もう店員さんが気になって気になって。「このままじゃいけない」とはずーっと思っていたし、「神様ごめんなさい」とか「私に勇気を下さいっっ」とか祈っていました。だけどやっぱりずっと世の人を恐れていました。
「強くおおしくあれ、おののいてはならない!」
このメッセージはすっごい力づけられる気がします。いや、力づけられました!!
また、ペアの分かちあいで「世の人が恐いのは私だけじゃない」ってわかったのもすごい励ましになりました。
きっと怖いながらも一歩を神様に信頼して踏み出せば、神様はその一歩を守って下さるんだろーなぁ。それを信じて今週から始まる学校生活もがんばるぞーと思いました。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

今回のテーマは今の自分が本当にまさに必要としていたものでした(毎回そう思っているのですが。本当に神さまは毎回私の必要にこたえてくれます)。
私には生きる力が本当というに本気でないと思っていて、神さまのために生きるどころか、自分の普通の生活を生きるだけでも“もうだめだ…”といつも思いながら、泣きながら足をひきずって、なんとかなんとか息をしてやっと生きているかんじでした。だからすごくみじめで、しかもそれだけならまだいいのに罪もたくさん犯していて、その罪悪感にも苦しめられていて、だから神さまにも顔向けができないという気持ちがあったり、神さまの存在自体も疑ったりしていました。
こういう状態は今までの私の中でもけっこう最悪のどん底な状態でした(これ以下の状態があるとしてももう下がりたくないですが)。だから、心からは喜べないけど、神さまとの状態(←私の目から見た)がどうとか言っている余裕もなく、もうただ神さまにたすけてくださいと言うしかない状況に追いこまれました。
そういう感じのときにミニホレブがきました。このテーマをきいて、「本当に強くなりたい!力がほしい!」と思いました。
ミニホレブの最中に気づいていったんがっかりしてしまったことがありました。それは、このミニホレブに出たら力をもてて、自分がかわるわけではないということ、そしてこのミニホレブがおわったらまた外に出て今までと同じ闘いに出なくちゃいけないということでした。あたり前のことですが、私はこのミニホレブ自体に救いを求めていたところがあったんだと思います。でも今はそのがっかりの状態のままではないのです。おわった今、私には力というか…それよりは希望みたいなものがあります。「あぁもしかして大丈夫かも?」というような。それはけっこうしっかりした希望なのですが、しっかりしているのは、目の前に実際にある現物を見たからだと思います。本当に実際、神さまはいて、しかもすばらしい方で、力を本当に持っていて、しかも私たちを愛していて、本当に私を変えてくださる方なんだ、ということを語ってくれたメッセンジャーたちがその実物の見本でした。
とにかく祈ってみようと思いました。私も絶対変わると信じられます・・・ときどきゆらぎますが。
讃美がすごくすごく楽しかったです。私は天国にいったらみんなと毎日讃美していたいなぁと思いました。
ペアの分かちあいは神さまがほんとに助けてくれて、相手もそういってくれたのがほんとうにうれしかったです。ありがとうございます。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

今回のミニホレブに参加できてよかったです! メッセージの後の、何人かで話すのも、いろんな話ができるてよいですが、ペアのほうが自分は素直に話せる部分がありました。ペアでもかなり緊張や不安や色々な気持ちが混じりあいましたが(-_-;) ありがとうございました!!

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

今回のテーマは『強くなろう!』でしたが、私にとっては何の為に強くなるのか、何の為にクリスチャンとして生きているのかを改めて考えさせられる時となりました。
主に人生を委ねて、主に従う人生以上に最高の人生は無いと思ってはいるけど、実際の生活を省みるとそれとは程遠い有り様や、また力の無さを思うとき、何も出来ない自分をどうしたらいいのか本当に解らなかったし、本当の意味でそれらに取り組もうとしていない自分の姿が明らかにされ辛かった。
でも、それと同時に神様の憐れみと力強さが示されて、ああ、私は神様に愛されているんだ、私のためにも神様が栄光を現すために立てて下さった計画があるんだ。こんな私なのに、神様はまだ私を諦めないで追ってきて優しく語りかけて下さっているんだ…。ということが迫ってきて圧倒されました。また、人生の目的は福音を伝えることだという真理が、素直に本当にそうなんだと思えました。今まで私は福音を伝える召しを受けたクリスチャンと、それ以外の召しを受けているクリスチャンがいるのだと無意識のうちに思っていたんだと気付かされました。(これってサタンの欺き?)本当にそれは大きな間違いで、キリストの体として生きていくということは、福音を伝える召しに生きるということであり、その上で各々の役割が主から与えられていて、それに忠実に生きることが福音を伝えることなんですね…。(もちろん神様が直接語りなさいとおっしゃるときは、普段後方支援の人もそうするべきだと思いますが…)これこそが神様が教会を創造した目的であり、さらに家族の目的なのだと思ったら嬉しくて嬉しくて仕方がなくなりました。人生の目的が解らず、苦しんで命さえ絶って地獄に堕ちてゆく人々がたくさんいるこの世から、私達を選んで下さった神様は、本当に天のお父さまなんだ。『あなたがたをみなしごにはしておかない』
という約束は本当に本当のものなんだと感動しました。だからこそ私達は福音を伝えていかなくてはならないんですね…。私がどうしようもない程弱くても、イエス様の真実が私を主の細胞のひとつにして下さることを信じて、これからの人生を歩んでいきたいと思います。
本当にイエス様とキリストの家族であるみんなに感謝なミニホレでした!

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

日曜出勤が二週続いていてそろそろ限界・・・と思っていた時のミニホレブ。普段はない土曜と日曜夜の集会があったことがどんなに嬉しかったことか。教会に集まってみんなと共に神さまの前に出ること、そして交わりがどんなに大切かを知ることができました。それが一番感謝だったかな。あと、この世の価値観で自分の価値、そして他人の価値を決めていることに改めて気づかされました。社会に出ているときはもちろんのこと、教会の中でも。結局はどんなテーマでも神さまに従うことにつながるんだよね。それ抜きでは意味がない。まだまだ変えられなきゃいけないことがたくさんあるなぁと再確認したキャンプでした。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

今回、“強くなろう”とうテーマだったんだけど、私は今、まさに弱っていたまっただ中にいて、救われてほしい友達もたくさんいるのに、今の私を見てだれが神さまを知るだろう・・・と思っていて、私自身が神様に立ち帰らないと、回りの人の救いにも多きく悪影響を及ぼすことはわかっていたんだけど、自分を捨てれなくて苦しんでいました。
今もまだ、すぐに自分を捨てれるかは分からないけど、まもくんが言っていたみたいに、「いつ自分が死ぬかわからない!」「いつ友達が死ぬかわからない!」って思ったら、今の生活を考えるととてもこわくなりました。もちりん、自分の力ではとてもじゃないけど、無理だけど、神さまならなんでも出来るということを信じてるから、祈って祈って祈って祈って祈りまくって、作りかえていただきたいだす。
苦しい作業も多いと思うけど、やっぱ、回りの人の救いを想像するだけで、ものすごい祝福って思うから、神様に従って友だちに神さまのことを伝えていきたいです。神さまのために生きていきたいです。
こんなことを思ったミニホレブでした。どうもありがとうございました。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

自分はとても弱い人間だと思っていました。すぐ人に流されるしマイナス思考だし、色々なことをテキパキとこなす能力もないし・・・。すぐ人と比べるし。そんな人にとても憧れていました。
だけど、神様が求められている「強さ」はそういうのではないということもよくわかっていました。
それでも、それが「この世の一般的な強さ」だとわかっていても、自分の感情だけではどうしようもありませんでした。
そんな時、このみにほれぶに参加し、改めて「本当の強さ」を確認することができました。それは、「キリストに従う」ということ。人と比べてばかりではなんの解決にもならない…「人と自分を比べてばかり 今の自分に自信なくても 主は君をどんな時も 必要とされている」 神様はどんな私でも愛してくださいます。
分かち合いは3人でしたが、普段あまりしゃべらない人たちでした。はじめは、自分が年上だしリードしなきゃ…!と焦っていましたが、本当にその場を神様が祝福してくださり、とても良い時が持てました。今まで知らなかったその人の、色々なところが見えてわかって、交わりをする前と後では接するときの気持ちが全然ちがくなりました。それが、とても嬉しかったです。お泊りの時も、3日目は普段あまり交わりはなかった人々でしたが、いろいろな話ができて良かったです。その人とは、いつも前からもっと交わりをして親しくなりたいと思っていたから、今回のような機会が与えられて、とてもうれしかったです。あとはダンスができるようになりたい!!

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

今回のミニホレブで心に残ったことは「交わり」です。
今までゆっくり話した事のない姉妹とペアになってじっくり話せたり、お家に泊まらせてくれた姉妹とも交われたし、自由時間の中での何気ないまじわりもありました。帰りの車中でも・・・。
たまにしか話せないのにいつも会っているかのように交われたのは、場所も時間も超越する神様の支配の中にあったからだなと感じました。
共に分かち合い祈りあえるって、本当に素晴らしいと思います。